給湯器の修理は専門に頼もう【店舗選びのポイントとは】

ニュース一覧

交換かを決める基準

メンズ

耐用期限を考える

蛇口をひねるだけでお湯が出てくるのは給湯器のおかげなのですが、いざ給湯器が故障してしまうとお湯が気軽に使えなくなり、生活の質が大きく低下してしまいます。給湯器が故障した時に解決方法として修理する方法と交換する方法の2つがあります。まず賃貸物件の場合には給湯器はあらかじめ設置されているものなので、自分で修理か交換かを決めるのではなく、大家さんまたは管理会社に連絡をして対応してもらうようにしてください。自宅のように自分で設置した給湯器が故障した場合には、使用年数が10年を超えているようであれば修理ではなく交換を考慮した方が良いでしょう。交換する場合には最低でも10万円以上の料金がかかってきますが、例えば7万円で修理ができたとしても、最新の給湯器に交換されていればより効率が良くなっているため、光熱費が安くなったり、新品なので故障の確率が下がります。新しい機能が使えることもメリットになります。まだ給湯器の使用期限を迎えていない場合には、修理を考えることになります。修理をしてもらう業者はガス会社、メーカー、施工会社の3通りがありますが、ガス会社は信頼は高いものの修理料金が高くなりがちなので、メーカーか施工会社に依頼することが一般的です。水漏れなどの簡単な修理の場合には、施工会社に依頼した方が出張費もかからず安価になることが多いですが、給湯器が完全に動かなくなったような場合はメーカーまたはメーカー指定の業者に依頼した方が無難といえます。

Copyright© 2017 給湯器の修理は専門に頼もう【店舗選びのポイントとは】 All Rights Reserved.