給湯器の修理は専門に頼もう【店舗選びのポイントとは】

ニュース一覧

相場を知っておくこと

作業員

最低2万円程度

給湯器が故障した時には、業者に修理をお願いすることになりますが、修理の相場を知っておくことによって修理するべきか交換すべきかを決める判断材料として使うことができます。給湯器を修理してもらう業者としては給湯器メーカーに依頼するか、地元の施工業者に依頼するかでわかれます。メーカーに依頼する場合には基本的に出張費がかかり、どちらに依頼した場合でも技術料と部品代がかかります。出張費は距離で定められていることが多く、地元の施工業者では出張費はかからないことも多くなっています。技術料と部品代に関しては、故障個所や交換するパーツの点数によって大きく変わるので一概に金額を示すのは難しいものです。メーカーでは、故障個所によって厳密に修理代金が定められています。一方、地元の業者の場合には逐一見積もりによって料金が決まることになります。メーカーと地元業者のどちらが安く修理してくれるかは場合によって変わりますが、およそ技術料は最低でも1万円はかかります。それにパーツ代が追加されることになります。比較的少額の修理費で済む給湯器本体からの水漏れでは出張費を含めても2万円以内で済むことが多いですが、電子基板の交換が必要な場合は5万円以上かかることが多くなっています。信頼のおける経験豊富な給湯器の修理業者であれば、現地調査をせずに概算で見積もりを出してもらうことができますので、あらかじめ信頼できる業者を見つけておき、電話で連絡してみると良いでしょう。

Copyright© 2017 給湯器の修理は専門に頼もう【店舗選びのポイントとは】 All Rights Reserved.